2018年04月15日

小網代の森

小網代の森は、三浦半島に残された自然豊かな谷戸。
内陸育ち、主なフィールドも低山という山猿の私にとっては、
谷戸が海に開いていく環境が新鮮で、とても刺激的でした。

もとは水田が広がる谷戸でしたが、開発の予定によって
放棄され、乾燥してササが繁茂しました。
それを伐採し水の流れを導き
(ササ退治ってものすごく大変なんですよ。
パンダがいない日本にとっては)
現在では、谷筋に小川が流れ、湿地があり、
いくつかの谷戸が分岐する
多様で複雑な水環境豊かな場所になっています。
多くの人が、努力された結果です。

三浦半島も水田環境がほとんどなくなってきていて。
小網代はそんななかでも水が優先した貴重な環境です。
機会があったお立ち寄りすることオススメです。

つばめのハティハティ原画展でギャラリー在廊のため
津久井浜のある三浦半島にちょくちょく行くようになっているのですが、
ついでにあちこち歩くと、
海はもちろん、照葉樹林が優勢なフローラも、
海が近いので乾燥の感じが違う気候も
富士山がでかいのも新鮮です。
よい機会を得ました。

DSCF1729.jpg

DSCF1739.jpg

P4140902.jpg

P4140976.jpg

P4141041.jpg

P4141351.jpg

P4141299.jpg
posted by taka@porcupine at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182985921
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック