2015年03月31日

ナマコナイト

横浜某所の中華料理店にて
水辺の調査のプロフェッショナルたちと
ナマコ鍋を食べる。
というステキ企画に参加する幸運に恵まれました。

くで〜だずむ〜
まちの〜
ひかあーりとー
かげのおー
なかー

とばかりに暮れなずんでいく横浜中華街。

DSCF6812.jpg

DSCF6823.jpg

DSCF6835.jpg

DSCF6833-2.jpg

春節のイルミネーション
東西南北四方の守護と天女

DSCF6827.jpg

軽く散策したあとで、店に突入。

鍋は真ん中に炭を入れ、
その熱で鍋を温めるというシンプルかつすばらしい作り。
取っ手がコウモリなのです!

P3300349.jpg

炭は上昇気流による循環で
酸素がどんどこ供給され
じゃんじゃか燃えます。
故にいつでもぐらぐらと煮え立っています。
黒い部分はシイタケじゃありませんよ!
ナマコ。これがナマコ!

P3300359.jpg

故にばんばん蒸発するので、
継ぎ足しの出汁が準備されています。

P3300362.jpg

ナマコのほかにも鳥や魚や野菜と
とにかく具だくさん。
スープにはうまみが溶け出し、絶品です。
ナマコはぷりっぷりでとっても
おいしゅうございました。

P3300365.jpg

北京ダックや水餃子、おともの紹興酒。
その他のメニューも絶品でした。

P3300344.jpg

P3300371.jpg

P3300346.jpg

posted by taka@porcupine at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のこと

2015年03月24日

にぎやか。

鳥たちが浮かれてさえずり
花に集まる虫たちを捕らえたり
花の蜜を食べたりと
にぎやかです。

7D2_5834.jpg

カタクリはもう盛りを過ぎ
ニリンソウが咲き始めました。
そうなると、一気にいろいろな
花がさきはじめることでしょう。

7D2_5547.jpg

5D3_3841.jpg

7D2_5699.jpg

5D3_3798.jpg
posted by taka@porcupine at 12:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然や生きもののこと

2015年03月22日

サクラ1号

春が足早です。
埼玉の農地のフィールドでは、
モクレンは満開、
ナズナやヒメオドリコソウが花盛り。
ホトケノザも咲き始めました。

DSCF6696.jpg

5D3_3595.jpg

カンヒザクラの系統かと思うのですが、
あちこちで、比較的赤の強い色の花弁が
きれいに目立ちます。

5D3_3628.jpg

写真を撮りながら小さな水路をまたぐと
足下からぶ〜んと羽音が聞こえました。
見るとミツバチが水を集めにやってきていて
近くには養蜂箱がありました。

5D3_3621.jpg

ミツバチたちが飛び交う季節。
とうとう春も本格的です。

7D2_5309.jpg

7D2_5331-2.jpg
posted by taka@porcupine at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然や生きもののこと

2015年03月12日

そっと動き出していた…

ここのところ寒さが続き、啓蟄と言っても動く気になれませんな。
などとゆるいことを言っていたら、いろいろ見逃してしまう!
そんな忙しい季節が春です。

7D2_4867.jpg

水温む春。
土からはヒキガエルなどが出てきて一斉に
大騒ぎをし、交尾産卵にはげむのですが、
すっかり見逃してしまいました。。。

5D3_2861.jpg

5D3_2858.jpg

マンサクなどの黄色い花も咲き誇り
ヒヨドリも花粉媒介に一役買っています。

5D3_2990.jpg

7D2_4904.jpg

春一発目の昆虫撮りはなぜかいつもハエ…
花粉媒介に一役買っています。

5D3_2923.jpg

ヒュウガミズキの新芽がほころんで、
かわいらしい姿をみせてくれます。

5D3_2901.jpg

5D3_2910.jpg
posted by taka@porcupine at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然や生きもののこと

2015年03月07日

問答無用の格闘アクション 『スペシャルID 特殊身分』

銃に頼らない格闘アクション。
たくさんあったらいいのにな。
と、思っていたら上映が始まりました『スペシャルID 特殊身分』。
『イップ・マン』で詠春拳の達人、葉問(イップ・マン)を
好演したドニー・イェン主演の潜入捜査官アクションです。

poster2.jpg

うちにはカンフー映画、特にジェット・リーの体捌きにほれている、という変わった人物がひとりいるのですが、ドニー・イェンといえば香港アクション映画界の雄。武術家としても一流です。空気を吸うようにあたりまえに、鼻息荒く颯爽と新宿武蔵野館に向かいました。

香港アクションには定番の設定があります。
それはカンフーをはじめとする格闘アクション。
そして香港警察。
さらには潜入捜査。
まさにこの映画は定番中の定番。
王道中の王道なのです。

さてこの映画、結論から言うととっても面白かったです。

香港映画にはあともう一つ。特徴として、
細かなことは言いっこなしの突飛な脚本なんてのもあります。
しかし、最近のアクション映画は、物語性や登場人物たちの心情などを重視するあまり、
伏線の回収ができていなかったり、仕掛けを広げすぎてわけわからなくなったり、
俳優が意外と大根だったり、お涙ちょうだいに走ってみたり
さまざまないただけない事象が起こってしまうことがあります。
そして何よりいただけないのはヒューマンドラマ・インサートのあおりで
大事なアクションパートが削られることです。
俳優ファンならドラマもいいかもしれませんが、
アクション映画にはスカッとしたところも求めたいものです。

スペシャルIDでは、そのあたりの不満は全くありません。
さまざまな戦い方ができるドニー・イェン。
今回は総合格闘技系のファイトスタイルです。
打撃だけでなく、関節技が光る光る。
UWF以来、関節技の魅力にやられている私にはたまらないものがありました。

技術的にしっかりしているので、映像にも自ずと疾走感が現れます。
スタントチームを率いる谷垣健司さん。
ドニーの良きスタッフで、るろうに剣心のアクション監督でもありました。
その魅せる力もこの映画の魅力を大きくしているのでしょう。

確かにドラマ性や、設定の細かさ、役どころに会っているか否かなど
さまざまなご意見はいただいてしまうかもしれません。
しかし、あえて言いましょう。
アクション映画の正解の一つであることに間違いは無いと。
おすすめです。

カンフー好きはというと、映画館を出たときには明らかに目の輝きが変わっていて、
ムエタイ使いとの異種格闘技的なファイトについて熱く語り、
新宿の町を裏路地へ裏路地へと行こうとするのでした。
そこに何らかのファイトが待っていると思ったのでしょうか……

映画館にはイップマンのときに作られたとおぼしき
木人が展示され、ほどほどに詠春拳の練習ができます。
さらには前回見たマッハ無限大の立体ポスターもあり、
ゾウの構えを学ぶこともできました。

IMG_5086.jpg

IMG_5084.jpg



しかしドニー、51歳とは…全く見えません。
posted by taka@porcupine at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画…特にアクション

2015年03月04日

物売りの心得

もしも、あなたが友人から、
「知っている人に、これいいよ〜と強く勧められて
断り切れなくて高価なものを買ったのに
結局あんまり使わなくて無駄になっちゃった。。」
という話を聞いたら、その知人とのつきあい方を
慎重にと助言することでしょう。

さらに、
「実は、これを買ったら一緒にいろいろ楽しめるよって言われたのに
その後一切音沙汰ないんだ。。。」
という話にまで及んだ場合、

「それって詐欺まがいじゃない?」
と憤りとともに話を深く聞こうとするでしょう。

そんな詐欺師一歩手前にまで落ちかけた人間。
それが、今この文章を書いている私です。
いや、その寸前でなんとか人として、生きとし生けるものとしての
立場を保つことができたと思っています。

それは今からさかのぼる、およそ1年半ほど前のこと。
友人である絵描きさんに、仕事で鳥の絵を描いてもらった際、
鳥を観察することのおもしろさや、季節を知る楽しみなどメリットを
熱く語り、双眼鏡があると楽しみ倍増などとうまく話を持ちかけ、
一緒に行きましょうよう。などと将来の展望を語り、
「四角四面は豆腐屋の娘、色が白いが水臭い。四谷赤坂麹町、
ちゃらちゃら流れるお茶の水、粋な姐ちゃん立ちションベン」
などと売り口上で煙に巻くなど、
あの手この手で仕掛けたところ…

ふっふっふ。
まんまと購入させることに成功したのだ!

はっはっはっはっ。

あーはっはっはっはっはー。

……


いや、失礼。
あやうくダークサイドに落ちかけてしまいました…
以前、営業で人にものを売る仕事をしていたせいか、
自分の提案で誰かがものを買うと、心の奥底からわき上がる
「売る喜び」に魂をとらわれてしまいそうになるのです。

さて話を元に戻しますが、
その後なかなか一緒に鳥を見に行くタイミングがつかめない日々が続き、
心を痛めていたのです。
やはり使えないもの、使わないものを売るって言うのは、
物売り道にもとる行いでしょう。
「忙しいから」などは言い訳にもなりません。
何より数少ない友達を、そして人としての信頼を失ってしまう!!

恐ろしいことです。
これを読んでいるみなさんも、軽々に人にものを売りつけたり、
そこに喜びを見いだそうとしたりするのは、
リスクのあることであると認識してくださいね。
「売ったらアフターフォローを」
こと日本における商売上は大事なことです。
世知辛いこんな世の中だからこそ!!

私はといえば、昨年末くらいから(遅い)幾度か
冬は鳥がよく見えるんですよ〜などといって
まんまと、誘い出すことに成功したのだ!
お誘いして、ちゃんと人の道に外れないようにしています。



さて、そんなこんなで冬鳥のシーズンもあとわずか!
この日曜日は、神奈川県にあるその絵描きさんの家方面へ遠征です。
初めてのフィールドは勝手はわからないけれど、
わくわくするもの。
はじめはなかなか会えなかった鳥も、少しづつ顔を見せてくれて
楽しく山歩きをして参りました。

巣材を集めるエナガやシジュウカラ
7D2_4292.jpg

7D2_4402.jpg

食べ物集めに必死で足下まで来てしまったアオジ。
7D2_4372.jpg

口笛のような声で鳴きながらやってきたウソ
7D2_4719.jpg

久々に姿をじっくり見たコジュケイ
7D2_4826.jpg

神奈川には野生化したタイワンリスが普通に見られます。
7D2_4856.jpg

ウメもきれいに咲いていました。
7D2_4775.jpg
posted by taka@porcupine at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 自然や生きもののこと